スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 杏菜  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

杏菜と荒井さん 2

 
触れ合う肌と肌。







告白をして、特別な返事もないまま一夜を共に過ごした杏菜と荒井さん。
唯一の接触と言えば、眠った荒井さんが杏菜に寄り掛かってきたぐらい。



毎日でも一緒にいたくて、ずっとそばにいたくて、でもできなくて。

なにより、杏菜の片思いだから。


それでも。一緒に過ごした半日を、夢のようなひとときを・・・。
与えてくれた荒井さんに、ただただ感謝するばかりだった。

でもやっぱり人間て欲張り。
諦めるはずだったのに、決別するはずだったのに・・・。
夢のようなひとときを過ごしたことで、その決心は容易く打ち砕かれた。



告白をし、一夜をともに明かし、半日一緒に過ごして。

その半月後、3回目のデートのときに・・・・・
杏菜と荒井さん、初めて手を繋ぎました。
初めて、肌と肌が触れ合いました。
手を繋ぐなんて、今まで生きてきて数え切れないほどしているのに。
親は当然のこと、過去の恋人達ともしてきたこと。
それなのに、すごく特別に感じて。

「手を繋ぎたい」・・そう言い出すことが、こんなに照れることだったなんて。
直接言うことはできなくて、会社のメルアドにお願いメールを入れて・・・。
そうしたら、携帯からメールで返事が来て。
「いいですよ」 って言ってくれて。

デート当日、仕事中もソワソワしていた杏菜。
仕事が終わり、食事をしている最中もソワソワしてた。
食事を終え、店を出て、歩き出そうとするふたり・・・
すると、荒井さんは 「あっ!」 って気付いて、左手を差し出してくれました。
荒井 「やばっ、手汗かいてたらどうしよう・笑」
杏菜 「いいんですか??いやぁなんか照れちゃいますね~」
そう言いながらも、内心は嬉しくて仕方が無くて
差し出された荒井さんの左手に右手を重ねた。
寒さも厳しい2月の夜。 杏菜の手先は冷えていて。
荒井 「うわっ冷たっ!!」
杏菜 「わぁ~あったか~い」
ほぼ同時に発した言葉。

手を繋ぐってこんなに緊張したかな?
手を繋ぐってこんなに嬉しいものだったかな?
手を繋ぐってこんなにあったかいものだったかな?
すごく嬉しいな。
すぐ隣を歩くことに違和感がなくなって。
繋いだ手と手、繋がるふたり。
嬉しいな。


この日以来、一緒に歩くときに手を繋ぐことが普通になりました。
自然に差し出される荒井さんの左手に、杏菜の手が絡む。

当たり前のことなんかじゃなくて、すごく嬉しいことで。
"自然に"差し出してくれることが、とても嬉しいのです。



応援ありがとうございます♪
お帰りの前に、応援の意味を込めてぽちっと押してください♪ ランキングが上がると頑張れます♪
スポンサーサイト
by 杏菜  at 23:05 |  杏菜と荒井さん |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

友さん

自然と繋いでいるのだけれど、本来それは自然なことではないもので・・・。
でも、歩き出そうとするときに自然と振り返り
差し出される左手がとてもとても嬉しいです♪♪

特に冬の寒い時期だから、心にしみる暖かさも倍増したのです☆
by 杏菜 2008/05/28 00:16  URL [ 編集 ]

No title

自然と手をつなぐ・・・。
いいですよね。

お店を出て自然と手をつなぐっての、すごくスキです。

私は今までお付き合いした人たちとは、あまり手をつないで歩くという事がなかったのですごく、こんな年になって新鮮ですw

冬は特に、ぬくもり感じますよねi-175
by 友 2008/05/24 23:22  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。