FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 杏菜  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

好きかも

 
意識してしまったら、だめだった。






社員旅行で壁が取れ、以前よりは会話するようになった杏菜と荒井さん。
それでもまだ、恋愛感情は生まれるわけもなかった。

去年の10月、杏菜は当時付き合っていた彼と別れた。

数年前の元彼と、体を結んでしまったから。

移り気な杏菜でも、浮気をしたことなんてなかった。
しかもその元彼は一悶着あった元彼だった。
でも、彼氏以外の人と関係を持ってしまったのは事実。
彼氏を嫌いになったわけじゃないけど、冷めてきていたのも事実。
当時34歳の彼と交際を続けていくということは、
「結婚」 を視野に入れて考えていかなければならなくて。
年齢が一つしか違わない彼と荒井さんを比べている自分がいて。

親元から離れず自立できていない彼。
ひと回りという年齢差がありながら、時々自分よりも幼稚に思えて。
仕事への姿勢も、尊敬できるところは少しもなくて。
上司への文句を言うばかりで、自分からは行動をしないくせに。
仕事の大半の時間をネットをして過ごしているらしかった。

そんな彼と違い、荒井さんには尊敬の念すら抱いていた。
20代の半ばには結婚もしていて2人の子供の父親で。
同じ業界の大先輩である荒井さんは、色々なことを知っていて。
仕事への姿勢も、業績の悪い会社のことを考えていたり。
荒井さんは営業担当だから 取引先から注文をとったり。
そのサポートを杏菜に任せてくれることがとても嬉しくて。

気付くと、杏菜は荒井さんに恋をしていたのです。



応援ありがとうございます♪
お帰りの前に、応援の意味を込めてぽちっと押してください♪ ランキングが上がると頑張れます♪
スポンサーサイト
by 杏菜  at 18:32 |  杏菜と荒井さん |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。